自分の長所・短所を自覚した運転を心掛けましょう

人には必ず長所と短所があります。
自分では大したことがないと思っていたとしても、短所になっている場合もあれば、自分では当たり前のことが長所としてとらえられている場合もあるのです。
自分を知ることによって、いいところも悪いところも知ることが出来るでしょう。
車の運転をする時には、自分の長所や短所を知ったうえで安全を心がけるようにしなくてはなりません。
とても短気なのであれば、スピードの出しすぎには注意するようにしておくことです。
前の車が遅いからと言って、後ろからあおるような運転をしていては事故の原因になってしまいます。
運転をする時には余裕を持った時間に出発をするようにしておけば、焦らずイライラすることもありません。
のんびりした性格が長所だと感じているのであれば、のろのろ運転は気を付けるようにしましょう。
法定速度をかなり下回るような走行をしていると、後ろの車にイライラされてしまう事があります。
ゆっくり走行するのは安全な事ではありますが、あまりにも速度が遅いと、後ろから追突をされてしまってもおかしくありません。
ゆっくり走れば走るほど安全とは限らないのです。
自分の事をよく知ったうえで運転をすると、安全に走行できるはずです。ウェディング05

コメント

コメントを受け付けておりません。