矢印式信号機は理解すれば怖くない

免許を取ってそれほど時間の経っていない人、また、運転経験の少ない人が一般の道路に出た時、教習中では感じることの無かった戸惑いを感じる人は多いと思います。
前後左右から次々と現れる他車、交差点は勿論のこと、直進している場合でも歩道から車道に飛び出してくる自転車、注意を払うべき部分は非常に多く助手席に教官がいないことに不安を感じることも一度や二度ではないはずです。
それでなくても不安を抱いたまま運転している初心者にとって、見慣れない信号機は更なる混乱を招きます。
一般的な赤、黄、青と言った信号機で有ればそれほどでもないのでしょうが、特に大きな交差点などに多く見られる矢印式信号機は、その仕組みを理解するまで、戸惑ってしまう事も仕方の無い事なのです。
しかし、そんな信号機も仕組みを理解してしまえば、そして慣れてしまえばどうということは有りません。
矢印の方向には進む事ができる、ただそれだけのことなのです。
直進車と右折車との正面衝突を回避するために設けられている場合の多いこの信号機が有る事は、事故を減らす為の手助けとなっているのですから、右折の苦手な初心者運転手、また、不慣れな運転手にとっては歓迎すべきもののはずなのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。