対向車が来ても慌てないで!横断歩道対策

ウェディング07運転中に不安になるタイミングと言えば右折をする時ではないでしょうか。左折時と違い、前方からの車と横断歩道を渡る歩行者や自転車にも気を配る必要がありますので、左折よりもハードルが高くなります。
右折をする時のポイントがありますが、まず無理に曲がろうと考えないようにしましょう。無理をすればそれだけリスクが高まりますし、周囲の危険を見逃してしまう恐れがあります。安全に行けると思った時に行けば良いだけですので、安全性を重視して行動する事が大切です。
安全に曲がる為には対向車の動きに注目します。流れをチェックしていると、交通の切れ目が見付かる事がありますが、切れ目が見えたら右折のタイミングです。ただし、歩行者や自転車にも注意する必要がありますので、歩行者などが来ないかどうかも同時に確認しましょう。切れ目の安全性と横断歩道の安全性を確認できたら、速やかに右折を行います。
右折をする時にはバイクにも注意する必要があります。特にトラックやバスなどの陰に隠れているバイクは見え難くなっています。時にはトラックなどの陰からバイクがすり抜けて出てくる事もありますので、前方からトラックなどが走ってくる際にはバイクの存在も意識した方が良いと言えます。

コメント

コメントを受け付けておりません。