車両保険の役割について

車両保険の役割は、自身の自動車に対する補償です。
自動車保険の一部なので、車同士の衝突、自損事故、当て逃げなどの自動車事故による破損でしか補償されないと思っている方もいますが、実は様々な被害による破損を補償できるのです。例えば、盗難・落書き、火災・水害等の自然災害などによる被害を受けた場合でも補償を受けることができます。
よって、自動車に欠ける生命保険とでも思っておけば間違いないでしょう。
ただし契約すれば、これら全ての補償が自動的についてくるわけではありません。補償範囲が主に4段階に分けられているので、その中からカーライフに合わせて最適な補償範囲で契約する必要があります。
ただ、中古車で安く購入した自動車で乗り捨てることを前提にしているのなら、修理してまで乗り続けることがないので契約自体しなくてもいいとされています。対してローンが残っている新車なら、買い替えるよりは修理して乗りつづけたいので契約しておいた方が安心でしょう。そのため、契約者によって必要性は変わってきます。
また、補償内容を充実させて契約するほど保険料も割高になってきますので、その辺も踏まえた上で契約を検討するようにしてください。

コメント

コメントを受け付けておりません。