車庫証明費用の費用・手数料とは

車を購入すると、本体価格以外にも諸費用として様々な費用を請求されますが、このうち代行費用にあたるものについては、購入に向けた話し合いの中で販売店に意向をつたえておくことで、代金として計上させないようにすることができます。ただし、代金として計上しないようにした場合は、その手続きを自分自身で行わなければなりません。
諸費用から削減できる費用の例としてよく挙げられるのは、車庫証明費用です。この手続きでは、保管場所が管轄区域になっている警察署から保管場所証明申請書をはじめとする申請書類一式を手に入れて必要事項を記入し、証紙購入窓口で購入した手数料分の収入証紙を貼り付けた後、警察署の窓口に必要書類を提出すれば、後日保管場所証明書と保管場所標章の交付が受けられますが、一連の手続きを販売店側に代行させると10,000~20,000円程度の代行料金を支払わなければなりません。しかし、自分で手続きを行うようにすると、保管場所証明書と保管場所標章の交付手数料を支出するだけで済ませることができます。交付手数料は都道府県ごとに異なっており、保管場所証明書については2,000~2,200円程度、保管場所標章については500~600円程度が相場となっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。