スペースクッションドライビングを心がけましょう

スペースクッションドライビングとは、十分に前の車とのスペースを空けて運転することです。前を走る自動車との距離を開けることで、車線変更ひとつとっても安全に行うことができます。
スペースクッションを保つことで、事故を未然に防ぐことができます。右折や左折の際にも、前の車に付いて、スペースを空けずに曲がると、道の脇から二輪車が飛び出したり、歩行者が飛び出したりしてくる可能性もあるため、とても危険です。スペースクッションドライビングをすることで、危険に対して注意する余裕を持つことができます。
高速道路などのスピードが出る道路の場合も、前の車とのスペースを保たないと、前方で渋滞があったときなどに対処することができなくなってしまいます。前の車が突然スピードを落とすなど予期できない行動をとることもあります。その際にはスペースクッションドライビングをしていれば、急な場面に遭遇したとしても対処することができます。
高速道路の出口付近は、急なカーブもあり、スペースを保つことが必要となります。一般道路でも、前の車がなんらかの原因で急ブレーキをかける可能性もあります。そんな時スペースクッションドライビングを心がけることで、不要な事故を起こさずにすみます。ウェディング02

コメント

コメントを受け付けておりません。