知っておいて損はない!盗聴探知機の使い方

様々な事件が毎日報道され、盗聴・盗撮も珍しくないものとなりました。自分は大丈夫だから、ではなく防犯意識を高めておく必要があります。防犯グッズにはいろいろありますが、盗聴探知機なんかも一般の方でも購入することが出来るようになっています。プロの発見業者もありますが、手軽に手に入るものも数多くあるので、使い方を知っておいても損はないです。操作方法が簡単なものは、キーホルダー型のようなコンパクトサイズのもので、探し方のコツを覚えてスイッチを入れるだけで良いです。ただ周波数を選択出来ないものが多いので、周波数帯域が広すぎないものを選ばないと盗聴器以外の電波にも反応してしまい、探すことが難しくなるようです。アンテナがついているものなら、アンテナを伸ばして反応を調べながら、少しずつアンテナを縮めて細かいところまで探してみましょう。基本的には、スイッチを入れて部屋の壁や物に盗聴探知機をまんべんなく近づけて探します。見た目からは盗聴器とわからないようなものはたくさんあり、コンセントや計算機、ペンや電源コードなどあらゆる物に偽装されているので、もし盗聴されてると心配があるなら、盗聴探知機で調べてみることをオススメします。

コメント

コメントを受け付けておりません。