下取り車手続き代行費用と名義変更の方法

下取り車手続き代行費用とは、下取りをして貰った場合に販売店に名義変更を行なうために必要となる費用です。見積もりの段階で明示されていることも多く、例えば車の所有者が誰なのかによって、支払いが発生するか否かが決まってきます。

例えば所有者がディーラーやクレジット会社の所有で、使用者が本人と言うケースもありますが、そういったケースでは下取り車手続き代行費用がかかります。ただ所有者が本人であれば、そういった費用が一切かからずに済むこととなります。

ローンで購入する場合には、所有者が販売者やディラー、ローン会社になっているのが一般的ですが、仮にローンの支払いが完了しても所有権は付されたままになることも多いです。また名義変更には実印と印鑑証明書も必要となるので、所有者がディラーとなっているケースもあるため注意が必要となります。

交渉を行なう営業マンにとっては、所有権が付いている場合であっても、そういった費用を無料でサービスしてくれるケースがあります。また下取り車手続き代行費用の相場は、大体5,000円~15,000円ほどとなりますが、販売店が自由に設定できる費用となります。

なお名義変更は、自分で行なうことも可能で必要書類を揃えて申請書を作成し、必要経費を準備して住所地を管轄する陸運局に出向いて、そこで手続きを行ないます。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。