信号切り替え時に発進するとき、運転手が気をつけないといけないポイント

ウェディング10楽しいドライブをするためには、交通事故はあってはならないことです。交通事故が一番発生しやすいのは、交差点です。多方向から車が来ることに加えて、信号にも注意しなければなりません。発進のタイミングで、運転手が気をつけるべきポイントを確認しておきましょう。まず、どのような時に発進しても良いかについてです。黄色に変わっていても、ブレーキをかけるより進んだ方が良いと判断される場合です。無理をして急ブレーキを踏むと、後続車が追突してしまうからです。この場合は、赤に変わる前に渡りきれるかどうかを十分考慮しましょう。また、青色に変わることを予測して、まだ変わりきらないうちから動き出す「見切り発車」と呼ばれる行為をするドライバーがいますが、これはとても危険なのでしてはいけません。赤色を無理やり直進してくる車と、この見切り発車の車がぶつかると、大きな事故になります。青色から黄色、黄色から赤色に変わるタイミングを知るには、歩行者側の切り替わりを見ると良いでしょう。時差式などでは異なりますが、ほとんどの場合は、歩行者側が点滅し始めると、車側はしばらくして黄色になります。発進するかどうかの判断に迷った時は、この予測方法を使ってみてください。

コメント

コメントを受け付けておりません。