信号で右折するときのポイント

免許を取りたての初心者の方は特にそうだと思いますが、車の運転は少なからず緊張するものですよね。特に交差点などで右折をする時に苦手意識があるという人は少なくありません。確かに国道など大きな道では直進車がひっきりなしにきてなかなか右に曲がれないという状況がよくあります。上手に右に曲がるポイントとしては、道路の状況をよく見てどのタイミングでハンドルを切るかを決めておくことが大切です。自分がなかなか発車しないせいで後続に列ができてしまうと焦りますが、タイミングを誤ると大きな事故につながりかねませんので慎重に見計らいましょう。車の隙間からバイクなどの二輪車がスッと出てくることがよくありますので、対向車の物陰にも注意が必要です。狭い交差点などでは少し前の方に車を出し、後続の直進車を先に通してあげる思いやりを持つことも重要です。タイミングも大切ですが、発車してこれから行く先の道路に自分の車が入れるスペースがあることを必ず確認してからアクセルを踏みましょう。明らかに曲がれないと分かるほど交通量の多い交差点では、最初から矢印信号が青になるのを待つのも賢明です。慣れるまでは怖いと思うかもしれませんが、必ず上手なタイミングで曲がれるようになります。

コメント

コメントを受け付けておりません。