死角と運転とは

ドライバーの視点から全ての状況を確認できる訳ではありません。車には必ず死角が発生しており、そして見えない部分があることによって事故になってしまうことがあるのです。
死角になり得る要素はいくつもありますが、まず挙げられるのがピラーです。ピラーは屋根を支える柱ですが、例えばフロントガラスと運転席の間にもピラーがあります。そしてそのピラーこそが死角になってしまうことがあるのです。特に歩行者はピラーに隠れ易い為、交差点を右折する時などにも歩いている歩行者がピラーに隠れてしまって発見が遅れるようなこともあります。ですからピラーで見えない部分を確認すべく頭を動かして確認するように注意しなければいけません。
その他にも自分の車の斜め後ろも死角になります。車線変更をする際にはルームミラーやサイドミラーをチェックしますが、斜め後ろにいる車はミラーにはうつり込まないのです。斜め後ろは角度的にも丁度ミラーにうつらないようになっていますので目視をしないと確認することはできません。しかしながら目視を怠ってしまうドライバーも少なくない為、結果的に斜め後ろにいる車に気が付かずにぶつかってしまうようなこともあります。
安全に車に乗る為にはこうした死角があることを理解しておかないと事故にも繋がりますので十分に注意してみましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。