リサイクル法関連費用の内訳と設定されている理由とは?

リサイクル法関連費用には、まずは直接的に廃棄物の処分のためにかかる費用と、その他の費用とに分けられます。その他の部分については、リサイクル券の発行や、その後の処理状況の追跡などのシステムを運用するための事務的な費用であると考えればよいでしょう。処分の費用については、基本的にはシュレッダーダスト、カーエアコンを、エアバッグをそれぞれ処分するための費用がその内訳として挙げられます。シュレッダーダストについては、自動車のパーツの大部分を占める鉄くずなどと違って、リサイクルのしようがないもので、埋め立て処分をすることになりますが、費用節約のために業者が不法投棄をするのを防止するため、リサイクル法関連費用に組み入れて、オーナーに負担させているのです。また、カーエアコンについては、冷媒としてフロンガスが含まれているため、そのまま大気中に拡散してしまうと、地球温暖化の原因になってしまいます。このことを防ぐため、大気中に漏れないように抜き取りをして、適正に処分するのです。さらに、エアバッグについては、扱い方をまちがえると暴発するため危険であり、特別な処理がもとられますので、そのために徴収される費用ということになります。

コメント

コメントを受け付けておりません。