レーダー探知機と盗聴探知機の役割とは

レーダー探知機と盗聴探知機は似ているようで利用するシーンが全く違います。レーダーの場合は自動車に設置してレーダーや無線式のスピード違反取り締まりを見つけるための機械で盗聴探知機は盗聴電波を探すための機械です。レーダーについては自動車の速度違反の取り締まりで用いられることが多い、速度調査用の電波を受信してドライバーに知らせる役目を持っていますが、取り締まり用の電波は年々出力が少なくなる傾向があるので探知機も受信性能を上げるようにどりょくされています。また、無線以外にレーザーを利用した取り締まりも行われていますが、こちらには対応できないので探知機を過信するのは間違いです。盗聴の探知機は盗聴の際に外部で受診するための発信機が発信する電波を受信します。発信機は市販されているものが多く、電波も出力を落としていないことも多いので受信する際に問題はないようです。探知機で電波の発生源を見つけ、盗聴器を取り出すことになりますが、盗聴器は年々巧妙化しているので、まさかこんなものに発信機が取り付けられているとはと驚くような物、小さい物になっているようです。しかし、受信を安全な離れた場所で行う必要もあるため取り締まりのように電波の出力を抑えることはないようです

 

コメント

コメントを受け付けておりません。