パッシングとハザードランプの正しい利用法について

パッシングは、ヘッドライトを瞬間的に上向きにすることで、合図などを行う際に利用します。場面によって違う意味を持っております。
まず、対向車とすれ違う際には、対向車に対して、検問をやっていることを伝え、注意を促すことに使う場合があります。次に、ハイビームのまま知らずに走っている場合に、眩しいということを知らせるということにも利用されます。
交差点では、曲がろうとする対向車に対して、道を譲る際に利用しますが、逆に自分に対して譲るよう促すために利用する場合もあります。横断歩道では、対向車に対して横断者がいると注意する意味でも利用されます。
後続車からパッシングされた場合には、邪魔だという意思表示のために使われる場合もあります。
ハザードランプは、道路交通法では、自分の車が交通の障害物となっていることを表示するために使用するものとされ、駐停車をする際に周りの車にそれを知らせるために利用します。
また、高速道路などで渋滞最後尾にいたときに、後続車が追突しないようにスピードを落とすことを知らせ注意を促すためにしようします。事故や牽引されている場合に大幅に制限速度を下回る速度で走ることを促すためにも利用します。
道を譲ってくれた後続車に対して感謝の気持ちとして使用する場合もあります。
運転をする上で、法律的には定められているわけではないものも含まれておりますが、知っておくと便利です。

コメント

コメントを受け付けておりません。