納車費用をカットするポイント

マイカーを購入する際には誰でも提示された金額から値引き交渉をすると思いますが、本体価格のみに注目してしまう傾向があります。重量税等を含む諸費用という部分でもけっこうな金額になるものですが、実はこの中には場合によって支払いをしなくても良いものもあるのです。代表的なのが納車費用です。通常はディーラーの営業担当が自宅まで届けてくれるケースが多いでしょう。実はこれに平均で一万円以上の費用が発生しているのです。確かに担当者が届ける場合はお客さんの日程と時間に合わせなければいけませんし、届ける際には、もう一台を運転して二人で来なくてはなりません。人件費もかかりますから無理な要求とまでは言えないでしょう。しかし自動車販売協会連合会(自販連)でも、「納車費用は購入者がディーラーまで取りに来れば請求できない」と明言しているのです。つまり自分でディーラーに取りに行けばこの費用は支払う必要がないのです。しかし何も言わず突然取りに行って、費用の値引きを要求するのは、その後のアフターメンテナンス等を考えると望ましくないでしょう。見積もりの段階で自分で取りに行く旨を述べて見積書から引いて貰うよう交渉すると良いでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。