納車整備費用の内訳について知ろう

中古車を購入する場合、値札が貼られている本体価格に納車整備費用が別途かかるケースが多いです。つまり本体価格が安いということで飛びついても、この費用が上乗せされる仕組みになっており、実際はそれほど安くないという場合もあり得ます。

納車整備費用とはユーザーに納める前に行なわれる販売店が行なう整備や点検のための費用のことです。具体的な内訳としては、消耗品の点検、オイル交換、クリーニング・ワックスがけなどの整備を行なうための費用となるのが一般的です。

このような整備費用の相場については、数千円~数万円の範囲内で済むこととなりますが、場合によっては法定検査切れで法定検査を通すための費用も含まれることがあります。その場合であると数十万円も高額になる場合も珍しくありません。

中古では大抵は、法定検査が切れている状態が多く、その期間が残っている場合は稀です。そのため納車整備費用一式として、法定検査の分も含むケースがあります。

ただ法定検査費については、年式から逆算して大体の費用の相場を推定できるからです。よって仮に法定検査の費用を含めて、高額な納車整備費用が請求された場合、その費用の内訳を聞いてみることはユーザーとしても重要かもしれません。

 

 

家族04

コメント

コメントを受け付けておりません。