二輪車事故に気をつけよう!対向車との間隔

ウェディング08車を乗るときに注意しなければならないことがあります。反対車線を通行する車に対しての注意です。普通車の場合は中央線近くでの通行は非常に危険を伴います。だから中央線から少し離れて相手の車を常に意識することが必要です。これが二輪車であったら非常に気を遣い通行しなければなりません。車体が普通車に比べ小さく、不安定であるために傍を通行するときには、少し外側によって追い抜かしていかなければなりません。少しの接触で転倒するのでかなり気をつける必要があります。対向車が二輪車である場合は、いろいろなケースを考えてから通行する必要があります。もしも転倒をした場合に自分の車にぶつかってくる場合があります。そのためにも中央線から離れている方が良いです。それからスピードも減速をしてすぐに止まれるようにすることが大事です。二輪車のドライバーは普通車を意識していないので、特に安全に注意して配慮をする必要があります。普段のそういった配慮が交通事故を減らすようになるのでとても大事です。交通の教則でもここまで細かく指導がないのが普通です。一人一人が必ず意識をして通行していくようにすることが大切ではないでしょうか。車に乗ったら気を引き締めましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。