見ようとしないと見えない危険を予測しましょう

車は便利なものだけに、気軽に乗って出かけるようになります。
買いものに行くのにしても、遊びに行くのにしても、近い距離でも、車を運転して出かけるような人もいます。
もちろん車は便利に使うようにすればいいのですが、危険を回避できるようにして安全を心がけなくてはなりません。
特に注意しておきたいのが、見通しの悪い交差点です。
見通しの悪い交差点を通過する時には、ミラーだけを頼っていてはいけません。
必ず目視をして、安全を確認してから走行するようにしましょう。
いつ見えない場所から飛び出しがあるかわかりません。
自転車や歩行者というのは、急に飛び出しをしてくる場合もありますので、ブレーキを踏んでも間に合わずに接触をしてしまう可能性があるのです。
万が一接触をしてしまえば大変です。
見通しの悪い交差点は、いつ誰が飛び出してきてもおかしくないという認識をして、走行を心がけるようにしておきましょう。
事前にそういった風に構えておくことによって、安全を確保できるようになります。
一旦停止の標識がない場所だとしても、見通しの悪い交差点なのであれば、一旦停止もしくは最徐行を心がけるようにして、危険を回避するようにしておかなくてはなりません。

コメント

コメントを受け付けておりません。