車の下取りや買取りに必要な書類はなに?

マイカーなどを下取りしてもらう、あるいは専門業者に買い取ってもらう際には、必要書類を揃えて提出しなければいけません。種類や状態によって手続きが異なるのですが、一般的な必要書類として、まずは自動車検査証が挙げられます。紛失が疑われた際は、登録した陸運局で再発行を受けることができます。なお、そこに記載されている住所や氏名が、引越しや結婚などによって現在と異なると言う場合、住所変更が1度あった場合は住民票、複数回あった場合は戸籍の附表または住民票の除票が、そして姓の変更に対しては戸籍謄本の提出も同時に必要となります。それから発行後1カ月以内の印鑑登録証明書が2通で、これも住所や氏名に変更があった場合、上述した書類が必要となります。なお軽の場合、これは必要ありません。そして自賠責保険証明書、納税証明書で、納税証明書に関しては有効期限をきちんと確認しておいて下さい。これらの紛失が疑われた場合は、自賠責保険証明書は保険会社に、納税証明書は管轄の都道府県税事務所で再発行を受けることができます。それから必要書類ではありませんが、各種必要書類に捺印する必要があるので、実印も必要となります。なお軽の場合は、いわゆる認印と呼ばれる印鑑でも可能です。預託済みの場合は、リサイクル券も用意しておいて下さい。それから買取の際の見積もり時には、整備手帳や取扱説明書などもあった方がベターで、場合によってはそれらがあることで見積額がアップすることも考えられます。直前になって慌てないよう、これらの必要書類は余裕を持って用意しておくことが望ましいです。???? Vol.39 ?????????

コメント

コメントを受け付けておりません。