車の下取りと買取りの違い

「下取り」とは、主にディーラーを利用して買い替えを行う際に利用する方法です。ディーラーで購入する際に下取りを利用することで、差額を相殺して購入価格を割り引いてもらうという形で利用することになります。これに対し「買取り」とは、ディーラー以外の販売店・買取店に依頼して評価・買取りしてもらい、その金額を購入代金の一部として利用するという形になります。一見するとどちらも同じようなものの様に感じられるかもしれませんが、この二つには大きな違いがあります。

それは、「価格決定の方法」です。下取りの場合、買取価格を決定する基準はディーラー独自のものになります。独自の評価基準によってあらかじめ決められた買取価格が決まっていて、そこから若干の評価による変動を加味して最終的な価格が決定します。ディーラー独自の基準である為、市場における人気などの影響を受けづらく、安定した価格で売却することが出来ます。対して、買取りの場合は市場の評価や需給バランス、更には担当する買取業者の特徴や在庫状況などが価格に影響してきます。ディーラーのような安定感は無くなってしまいますが、比較して非常に高額な価格で売却出来る可能性も高くなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。