車購入時の明細に含まれる諸費用って?

車を購入した時に代金の明細に諸費用という文字がありますが、これは一体何を指しているのでしょうか。
それぞれの店によって少し違った部分があるのですが、オプションや税金などが諸費用に含まれています。
車のちょっとした小物などのオプションや法廷整備のためのものや取得税などがそうであります。
細かく挙げると取得税、重量税、自賠責保険、手続き代行費用、預かり法定費用、ナンバープレート料金、リサイクル料金、消費税などです。

この中でも注目したいのが法廷整備のための諸費用になります。
さまざまな税金の支払いもありますが、法廷整備のためのものというのは登録票や車庫証明費用などの細かい色んな手続きを代行してもらうための費用であり、納車整備費用もあります。

これらの諸費用は業者によって大きく違う部分がありまして、一部の悪徳な業者は本体価格以上を請求することもありますので業者選びも重要となってきます。
また整備費用という名目なのに全く整備をしないということもありますから請求された金額がとんでもなく大きい場合は業者に何で使用したのかを聞いた方が良いかもしれません。
基本的には本体価格の10%から20%になりますので、しっかりと確認しておきましょう。

家族01

 

コメント

コメントを受け付けておりません。