交通違反や事故を起こす運転者とは?

毎日のように、ニュースや新聞などで見聞きするのが交通事故に関する報道です。人は誰しも事故を起こしたく起こすわけではありませんが、しかし、交通事故や交通違反を起こす運転者には共通して言える特徴や性格があります。それは、命の重さに対しての認識が不足していることです。自分の命のみならず、周りの人の命の重さを軽視している傾向があります。そのため、スマートフォンを見ながらハンドルを握るという危険な為をするのです。また、自分さえよければ相手に迷惑がかかるといったことを考えない。といった自己中心的な性格も交通事故や交通違反を起こすのです。例えば、自分が車を停めてお店に入ってショッピングをしたいときに、ほとんどの人は交通の妨げにならないように車を駐車します。しかし、自分中心の人はできるだけお店に近いところに車を駐車します。それが、たとえ交通のさまたげになっていたり、駐車禁止のところでも駐車します。こういった自己中心的な考えのせいで交通渋滞を巻き起こすこともあり得るのです。それで、自分がハンドルを握る時には命の重さをしっかりと認識して、相手を思いやる気持ちをもつならもっと多くの人が気持ちよく過ごすことができるでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。