交差点を通過するときに欠かせないポイント

交通事故、怖いですよね。一瞬で命すら危険に晒す自己、起こすのももちろん巻き込まれるのも御免こうむりたいところです。
そういった事故のよく起きる場所に、交差点があります。もちろんそれは誰もがわかっているので、特に曲がる際は注意するのですが、普段運転をしているとどうしても軽視しがちになるのが、直進で通過することです。
意外とヒヤリ、ハットが多い直進。まず最も危険なのは躊躇することです。いったん加速してから減速すると、後続車から追突される危険性が非常に高くなります。減速してから加速すると、対向車線の右折車は止まってくれると思ってしまい衝突する可能性があります。赤信号で通過するのは当然問題ですが、青から黄色に変わるようなタイミングの際は、停止線で停まれないのなら速やかに直進しましょう。
また、渋滞時には前車にそのままついていくと、中央部分などで立ち往生ししまうことがあります。渋滞の際は先の先まで見て、自分の車が入るスペースがあることを確認してから進みましょう。
また、青信号でも絶対安全とは言えません。交差する道路側が赤信号ではなく、点滅信号などである可能性もあるからです。もちろんその場合は相手に一時停止及び徐行の義務がありますが、いきなり進入してくる可能性も考え、注意することが肝心です。

コメント

コメントを受け付けておりません。