交差点で右折するときのポイント

あなたは交差点を右折する際にどのような部分に注意しますか?
右折をすると言う事は、運転をする中で一番神経をつかう行為となり、また一番事故の危険が沢山あります。
しかしながら、落ち着いて、かつ瞬時に冷静に判断しつつ、アクセルとハンドル操作を行うことが必要様になります。

まず、対向車が来ているか、いないか。来ている場合には、どのくらいのスピードであり、こちらが曲がれるかどうかの判断が必要です。
また、次に意識するのは、右折した先の道路の状況です。車が入れるのかどうか、歩道などを横断する人がいるのかどうか。
少なくともこの2点については、充分に確認と意識が必要となります。
特に運転者の技量による過信、技量不十分による事故となります。
運転者か高齢者である場合や、横断者が高齢者や障害者、子供である場合には、状況の変化が起きる可能性が高くなります。
また対向車がバイクの場合には、スピードが車と異なるため、非常に注意が必要です。

よくある事故例として、サンキュー事故が挙げられます。これは、対向車が横断を譲ってくれたので進行を進めると対向車の横からバイクや自転車が飛び出してきて、車と接触すると言う事故です。対向車が壁になり、見えないことと、譲ってくれたことによる安心から、確認を、怠る事で生じます。

いずれにしても、注意と予想をしながら、操作を行う必要が大切となります。

コメント

コメントを受け付けておりません。