検査登録費用の内訳について知ろう

新型車を購入すると販売店から本体価格以外にも諸費用として様々な費用が請求されます。例えば、検査登録費用は、検査登録手続きを自分で行うことを販売店に要望しなければ、必ず諸費用の一つとして請求されますが、この費用の内訳はいったいどのようになっているのでしょうか。
検査登録費用の内訳は販売店ごとに異なりますが、おおむね法定費用とそれ以外の費用に分けることができます。法定費用に主に含まれるのは、運輸支局で検査を受ける際に支払う検査手数料、検査登録の申請書類の購入費用、検査登録手続きを行うために必要な保管場所証明書と保管場所標章の交付手数料、ナンバープレート代です。なお、検査登録時には重量税や取得税などといった税金を納める必要がありますが、税金については検査登録費用とは別に見積書や領収書に記載されています。
一方、法定費用以外の費用には、運輸支局までの運搬にかかる費用や人件費などが含まれており、運搬費用の中には高速道路料金や燃料代が含まれることがあります。検査登録費用の相場は15,000~35,000円程度ですが、この費用の大部分は法定費用以外の費用でしめられており、大半が販売店側の取り分となっています。子供01

コメント

コメントを受け付けておりません。