買い取ってもらえない車の廃車手続きについて

自動車を使用しなくなった場合は、速やかに廃車登録を行うべきでしょう。無論、売却できればそれに越したことはなく、新しい名義に換えれば問題はありません。しかしながら、売却ができない場合には、この廃車を行うしか方法がありません。
なぜ廃車を行うべきかというと、税金がかかるためです。使用しない自動車に対しても税金が課税されることがあり、車検が切れても正式に手続きをとっていない場合は課税されることがあるので、使用しなくなってしかも売却等もできない場合には速やかに運輸支局等で廃車を子なうことが求められます。
必要な手続きですが、自動車の現物があるかどうかにもよりますが、現物がある場合には前と後ろにあるナンバープレートを外して運輸支局に返納し、車検証や申請書手数料などを添えて申請を行うことで、抹消登録は可能です。事故やスクラップ等ですでに現物がない場合は、手続きについて書類等何が必要なのか運輸支局に確認してから、その上で行う必要があります。
廃車にかかる手続き自体は書類がそろえば比較的簡単で、自動車の現物があってもなくても申請が可能ですが、現物がない特にナンバープレートがない場合のみ必要な書類が変わる点に注意しなければいけません。???? Vol.39 ?????????

コメント

コメントを受け付けておりません。