どうしよう?買い替え後、乗らなくなった車

買い換えをする場合の処分方法としては売却をするのが良いと言えますが、売却処分の方法には下取りと買取りの2通りの方法があります。両者はいずれも売却することには違いありませんが、意味合いには相違点があるのです。
下取りとは購入するお店で引き取りをしてもらうことです。つまり購入と売却を一緒に行えますので買い替えをスムーズに行うことができますし、買ったり売ったりで別々の手間も掛かりません。その為、簡単に買い替えを済ませたい時に適している売却方法です。
買取りは中古を取り扱っている業者に売って処分する方法ですが、下取りに出す時よりも高値になるのが魅力と言えます。多くの場合は下取りに出した時の方が安値になりますので、高く売りたいのなら買取りに出してしまった方が失敗が少ないと言えるでしょう。
しかしながら買取りに出す場合は売買成立後にすぐに業者に引き渡しが必要になってしまうのが短所です。ですから売るタイミングを間違ってしまうと移動手段がなくなってしまって困る羽目になるかもしれません。下取りに出す場合は新しい車が手に入るまで乗っていても良いことが殆どですので、移動手段がなくなるようなこともなく安心と言えます。

コメント

コメントを受け付けておりません。