カーブによる死角の恐ろしさについて

運転をしている時にカーブに差し掛かる場合、シチュエーションによっては死角が生まれてしまいます。特に峠道のような山によって横に壁ができているようなところを走る場合は注意が必要です。
例えばカーブを走行中且つ壁がある場合、対向車の存在を確認し難くなってしまいます。その為、時には突然対向車が現れるように見えてしまいますし、目の前にくるまで対向車を発見できないようなこともあるのです。そしてカーブを走行中は逃げ道も少ない為、正面衝突事故になってしまうようなこともあります。
死角になるのは対向車だけではありません。走行車線の前を走っている車も見えなくなります。事故や工事などによって前を走っていた車が停車していることがありますが、死角によって発見が遅れることによって追突することもあるのです。
このような事故を未然に防ぐ為のポイントとしては、やはりスピードをしっかりと抑えて走行するのが基本です。スピードを出していればいるほど事故のリスクが高くなりますし、死角がある状態でスピードを出すのは非常に危険です。適切なスピードで走行していれば万が一の際にも対応し易くなりますので、見通しが良くないと思ったらスピードを緩めるように工夫した方が良いでしょう。ウェディング04

コメント

コメントを受け付けておりません。