矢印式信号機は理解すれば怖くない

免許を取ってそれほど時間の経っていない人、また、運転経験の少ない人が一般の道路に出た時、教習中では感じることの無かった戸惑いを感じる人は多いと思います。
前後左右から次々と現れる他車、交差点は勿論のこと、直進している場合でも歩道から車道に飛び出してくる自転車、注意を払うべき部分は非常に多く助手席に教官がいないことに不安を感じることも一度や二度ではないはずです。
それでなくても不安を抱いたまま運転している初心者にとって、見慣れない信号機は更なる混乱を招きます。
一般的な赤、黄、青と言った信号機で有ればそれほどでもないのでしょうが、特に大きな交差点などに多く見られる矢印式信号機は、その仕組みを理解するまで、戸惑ってしまう事も仕方の無い事なのです。
しかし、そんな信号機も仕組みを理解してしまえば、そして慣れてしまえばどうということは有りません。
矢印の方向には進む事ができる、ただそれだけのことなのです。
直進車と右折車との正面衝突を回避するために設けられている場合の多いこの信号機が有る事は、事故を減らす為の手助けとなっているのですから、右折の苦手な初心者運転手、また、不慣れな運転手にとっては歓迎すべきもののはずなのです。

信号切り替え時に発進するとき、運転手が気をつけないといけないポイント

ウェディング10楽しいドライブをするためには、交通事故はあってはならないことです。交通事故が一番発生しやすいのは、交差点です。多方向から車が来ることに加えて、信号にも注意しなければなりません。発進のタイミングで、運転手が気をつけるべきポイントを確認しておきましょう。まず、どのような時に発進しても良いかについてです。黄色に変わっていても、ブレーキをかけるより進んだ方が良いと判断される場合です。無理をして急ブレーキを踏むと、後続車が追突してしまうからです。この場合は、赤に変わる前に渡りきれるかどうかを十分考慮しましょう。また、青色に変わることを予測して、まだ変わりきらないうちから動き出す「見切り発車」と呼ばれる行為をするドライバーがいますが、これはとても危険なのでしてはいけません。赤色を無理やり直進してくる車と、この見切り発車の車がぶつかると、大きな事故になります。青色から黄色、黄色から赤色に変わるタイミングを知るには、歩行者側の切り替わりを見ると良いでしょう。時差式などでは異なりますが、ほとんどの場合は、歩行者側が点滅し始めると、車側はしばらくして黄色になります。発進するかどうかの判断に迷った時は、この予測方法を使ってみてください。

青信号でも気をつけないといけない理由と安全策

信号の青は進めです。しかし、実はただ、妄信的に進んでいいものではないのです。教習所でも青信号の場合でもまず注意するのが2箇所あると思わると思います。1つは前方確認、もう1つは横の確認です。前方については特に交通量の多い交差点の場合は横切っている車がまだいたり、信号無視をして突っ込んでくる場合も残念ながらあります。横の確認はオートバイがいないかなどです。特に横は死角となる部分が多いため、自転車やオートバイにきづかずに左折して、巻き込んで事故を起こすこともよくありますので安全第一でまずは横、前と確認しておくことが大事です。自転車などを横につかせたく無い場合には、横にいないことを確認して、停車前に左に車を寄せておくとよいです。中には無理やり入ってくるオートバイもありますが、殆どの場合は左に寄せれば入ってくることはありません。対向車が無理をして右折してくることもよくありますので、こちらが優先であったとしても注意はしておくと良いです信号が変わった際、急発進することは必要ありません。慌てず、ゆっくり確認しながら進めば良いです。特に運転初志者の場合にはアクセスを急に踏む方も少なくないので注意と心の余裕が大事です

渋滞に取り込まれたときは前後の間隔に注意

ウェディング09車の事故の原因で多いことの一つに、渋滞で前方がよく見えなくて、接触してしまった、というのがあります。
本来、車の前後方向の車両感覚というのは、それほどシビアに考える必要はないはずのものです。
少なくとも、左右の間隔ほどには重要視されることはありません。
せいぜい、狭い駐車場にとめるとき、前後ぎりぎりまで車を寄せる場面があるぐらいのものです。
ただ、車が混んでいて、そしてすぐ前に大型車があって、見通しが悪いときというのは、十分な注意が求められます。
というのは、もし、進むと思っていた前方の車が突然に止まったとき、車間距離をとっていないと、衝突してしまうことになります。
もし、車両周辺の状況をカメラで撮って、ナビ画面などに映し出してくれるモニター機能を有した車だから大丈夫だと思われるかもしれません。
しかし、それは状況把握ができているといううだけのことにすぎません。
前の車が急ブレーキをかけたときの対処はできないでしょう。
同時に、自分の後ろを走ってい車にも注意が必要です。
考え方を変えれば、いつなんどき、自分が後続車から衝突されることかわかりません。
道が混んでいて交通量が多いときは、自分の前後の車にも目をやることを忘れてはなりません。

交差点を通過するときに欠かせないポイント

交通事故、怖いですよね。一瞬で命すら危険に晒す自己、起こすのももちろん巻き込まれるのも御免こうむりたいところです。
そういった事故のよく起きる場所に、交差点があります。もちろんそれは誰もがわかっているので、特に曲がる際は注意するのですが、普段運転をしているとどうしても軽視しがちになるのが、直進で通過することです。
意外とヒヤリ、ハットが多い直進。まず最も危険なのは躊躇することです。いったん加速してから減速すると、後続車から追突される危険性が非常に高くなります。減速してから加速すると、対向車線の右折車は止まってくれると思ってしまい衝突する可能性があります。赤信号で通過するのは当然問題ですが、青から黄色に変わるようなタイミングの際は、停止線で停まれないのなら速やかに直進しましょう。
また、渋滞時には前車にそのままついていくと、中央部分などで立ち往生ししまうことがあります。渋滞の際は先の先まで見て、自分の車が入るスペースがあることを確認してから進みましょう。
また、青信号でも絶対安全とは言えません。交差する道路側が赤信号ではなく、点滅信号などである可能性もあるからです。もちろんその場合は相手に一時停止及び徐行の義務がありますが、いきなり進入してくる可能性も考え、注意することが肝心です。

二輪車事故に気をつけよう!対向車との間隔

ウェディング08車を乗るときに注意しなければならないことがあります。反対車線を通行する車に対しての注意です。普通車の場合は中央線近くでの通行は非常に危険を伴います。だから中央線から少し離れて相手の車を常に意識することが必要です。これが二輪車であったら非常に気を遣い通行しなければなりません。車体が普通車に比べ小さく、不安定であるために傍を通行するときには、少し外側によって追い抜かしていかなければなりません。少しの接触で転倒するのでかなり気をつける必要があります。対向車が二輪車である場合は、いろいろなケースを考えてから通行する必要があります。もしも転倒をした場合に自分の車にぶつかってくる場合があります。そのためにも中央線から離れている方が良いです。それからスピードも減速をしてすぐに止まれるようにすることが大事です。二輪車のドライバーは普通車を意識していないので、特に安全に注意して配慮をする必要があります。普段のそういった配慮が交通事故を減らすようになるのでとても大事です。交通の教則でもここまで細かく指導がないのが普通です。一人一人が必ず意識をして通行していくようにすることが大切ではないでしょうか。車に乗ったら気を引き締めましょう。

信号で右折するときのポイント

免許を取りたての初心者の方は特にそうだと思いますが、車の運転は少なからず緊張するものですよね。特に交差点などで右折をする時に苦手意識があるという人は少なくありません。確かに国道など大きな道では直進車がひっきりなしにきてなかなか右に曲がれないという状況がよくあります。上手に右に曲がるポイントとしては、道路の状況をよく見てどのタイミングでハンドルを切るかを決めておくことが大切です。自分がなかなか発車しないせいで後続に列ができてしまうと焦りますが、タイミングを誤ると大きな事故につながりかねませんので慎重に見計らいましょう。車の隙間からバイクなどの二輪車がスッと出てくることがよくありますので、対向車の物陰にも注意が必要です。狭い交差点などでは少し前の方に車を出し、後続の直進車を先に通してあげる思いやりを持つことも重要です。タイミングも大切ですが、発車してこれから行く先の道路に自分の車が入れるスペースがあることを必ず確認してからアクセルを踏みましょう。明らかに曲がれないと分かるほど交通量の多い交差点では、最初から矢印信号が青になるのを待つのも賢明です。慣れるまでは怖いと思うかもしれませんが、必ず上手なタイミングで曲がれるようになります。

対向車が来ても慌てないで!横断歩道対策

ウェディング07運転中に不安になるタイミングと言えば右折をする時ではないでしょうか。左折時と違い、前方からの車と横断歩道を渡る歩行者や自転車にも気を配る必要がありますので、左折よりもハードルが高くなります。
右折をする時のポイントがありますが、まず無理に曲がろうと考えないようにしましょう。無理をすればそれだけリスクが高まりますし、周囲の危険を見逃してしまう恐れがあります。安全に行けると思った時に行けば良いだけですので、安全性を重視して行動する事が大切です。
安全に曲がる為には対向車の動きに注目します。流れをチェックしていると、交通の切れ目が見付かる事がありますが、切れ目が見えたら右折のタイミングです。ただし、歩行者や自転車にも注意する必要がありますので、歩行者などが来ないかどうかも同時に確認しましょう。切れ目の安全性と横断歩道の安全性を確認できたら、速やかに右折を行います。
右折をする時にはバイクにも注意する必要があります。特にトラックやバスなどの陰に隠れているバイクは見え難くなっています。時にはトラックなどの陰からバイクがすり抜けて出てくる事もありますので、前方からトラックなどが走ってくる際にはバイクの存在も意識した方が良いと言えます。

交差点で右折するときのポイント

あなたは交差点を右折する際にどのような部分に注意しますか?
右折をすると言う事は、運転をする中で一番神経をつかう行為となり、また一番事故の危険が沢山あります。
しかしながら、落ち着いて、かつ瞬時に冷静に判断しつつ、アクセルとハンドル操作を行うことが必要様になります。

まず、対向車が来ているか、いないか。来ている場合には、どのくらいのスピードであり、こちらが曲がれるかどうかの判断が必要です。
また、次に意識するのは、右折した先の道路の状況です。車が入れるのかどうか、歩道などを横断する人がいるのかどうか。
少なくともこの2点については、充分に確認と意識が必要となります。
特に運転者の技量による過信、技量不十分による事故となります。
運転者か高齢者である場合や、横断者が高齢者や障害者、子供である場合には、状況の変化が起きる可能性が高くなります。
また対向車がバイクの場合には、スピードが車と異なるため、非常に注意が必要です。

よくある事故例として、サンキュー事故が挙げられます。これは、対向車が横断を譲ってくれたので進行を進めると対向車の横からバイクや自転車が飛び出してきて、車と接触すると言う事故です。対向車が壁になり、見えないことと、譲ってくれたことによる安心から、確認を、怠る事で生じます。

いずれにしても、注意と予想をしながら、操作を行う必要が大切となります。

交差点が一番大切!運転注意点

ウェディング06自動車とバイクと自転車と人、それらが複雑に交わる交差点とその付近は、もっとも交通事故が起こりやすい場所です。統計によると、人身事故の約6割、死亡事故のうち約4割から5割がそういった場所で発生しているとのデータがあります。このような情報からだけでも、車を運転する際にもっとも気を付けないといけない場所であると断言できるでしょう。
そんな危険な場所、特にどういった点に注意点があるでしょうか。特に危険な右折と左折に絞って特に注意すべき点をあげてみます。
まずは左折の際です。左折するときに起きる事故で多いのが後方からくるバイク、自転車等の巻き込み事故です。この巻き込み事故を起こさないためには、左折するときにルームミラー、サイドミラー、直接の目視という3点確認が非常に大切です。特にこれらの相手は死角に入りやすいため、最後の目視も確実に行いたいものです。
次に右折です。右折の際にはまず反対車線の直進車に気を付ける必要があります。もちろん対向車が途切れるのを待つわけですが、この際に気を付けるのが車間です。停まっているこちら側から見ると十分な距離が空いているように見えても、移動する相手側からは急に右折車が近くに出てくるように感じます。大丈夫、と思うぎりぎりよりも余裕を持った距離を見て動くことが肝心です。また、対向車ばかりに気を取られて右折先の横断歩道に目がいかず、右折しながら横断歩道を確認する方が見受けられますが、このような確認方法では、横断者がいた場合に途中で立ち往生してしまうことが考えられます。右折の際は対向車だけではなく、横断歩道も十分に確認した後、発進しましょう。