交通違反や事故を起こす運転者とは?

毎日のように、ニュースや新聞などで見聞きするのが交通事故に関する報道です。人は誰しも事故を起こしたく起こすわけではありませんが、しかし、交通事故や交通違反を起こす運転者には共通して言える特徴や性格があります。それは、命の重さに対しての認識が不足していることです。自分の命のみならず、周りの人の命の重さを軽視している傾向があります。そのため、スマートフォンを見ながらハンドルを握るという危険な為をするのです。また、自分さえよければ相手に迷惑がかかるといったことを考えない。といった自己中心的な性格も交通事故や交通違反を起こすのです。例えば、自分が車を停めてお店に入ってショッピングをしたいときに、ほとんどの人は交通の妨げにならないように車を駐車します。しかし、自分中心の人はできるだけお店に近いところに車を駐車します。それが、たとえ交通のさまたげになっていたり、駐車禁止のところでも駐車します。こういった自己中心的な考えのせいで交通渋滞を巻き起こすこともあり得るのです。それで、自分がハンドルを握る時には命の重さをしっかりと認識して、相手を思いやる気持ちをもつならもっと多くの人が気持ちよく過ごすことができるでしょう。

自分の長所・短所を自覚した運転を心掛けましょう

人には必ず長所と短所があります。
自分では大したことがないと思っていたとしても、短所になっている場合もあれば、自分では当たり前のことが長所としてとらえられている場合もあるのです。
自分を知ることによって、いいところも悪いところも知ることが出来るでしょう。
車の運転をする時には、自分の長所や短所を知ったうえで安全を心がけるようにしなくてはなりません。
とても短気なのであれば、スピードの出しすぎには注意するようにしておくことです。
前の車が遅いからと言って、後ろからあおるような運転をしていては事故の原因になってしまいます。
運転をする時には余裕を持った時間に出発をするようにしておけば、焦らずイライラすることもありません。
のんびりした性格が長所だと感じているのであれば、のろのろ運転は気を付けるようにしましょう。
法定速度をかなり下回るような走行をしていると、後ろの車にイライラされてしまう事があります。
ゆっくり走行するのは安全な事ではありますが、あまりにも速度が遅いと、後ろから追突をされてしまってもおかしくありません。
ゆっくり走れば走るほど安全とは限らないのです。
自分の事をよく知ったうえで運転をすると、安全に走行できるはずです。ウェディング05

適性検査結果に基づく行動分析とは

車を操作する事って、とても楽しい事だとは思いませんか。殆どの方がこのような事を考えて、免許が取れる年齢になると、それぞれの免許取得に向けて頑張って行かれると思います。そして無事に免許が取得できれば、自由に車を操作して色々な所に向かう事ができます。日本ではこのような自由が許されている訳ですが、車を操作する事に当たってドライバーとして気を付けなければならない事は沢山あります。特に、自分自身が操作についてどれくらい精通しているのかが問題で、ここが理解できていないドライバーはどうしても交通事故を起こしやすい傾向になってきます。できるだけ交通事故を起こさないようにする為に、特に自動車教習所を中心に適性検査結果を利用して、ドライバーの行動分析が行われている事実があります。これを行う事によって、そのドライバーがどのような特徴があるのかが良く分かります。普通は、他の人に自分の欠点を教えて貰って、初めて自分のいけない所が分かるものですが、検査の結果を利用する事で、自分自身で自分の欠点に気が付くメリットがあります。それを、今度は自分のプラスに向けて努力をする事で、事故に合わない操作ができるようになってきます。

カーブによる死角の恐ろしさについて

運転をしている時にカーブに差し掛かる場合、シチュエーションによっては死角が生まれてしまいます。特に峠道のような山によって横に壁ができているようなところを走る場合は注意が必要です。
例えばカーブを走行中且つ壁がある場合、対向車の存在を確認し難くなってしまいます。その為、時には突然対向車が現れるように見えてしまいますし、目の前にくるまで対向車を発見できないようなこともあるのです。そしてカーブを走行中は逃げ道も少ない為、正面衝突事故になってしまうようなこともあります。
死角になるのは対向車だけではありません。走行車線の前を走っている車も見えなくなります。事故や工事などによって前を走っていた車が停車していることがありますが、死角によって発見が遅れることによって追突することもあるのです。
このような事故を未然に防ぐ為のポイントとしては、やはりスピードをしっかりと抑えて走行するのが基本です。スピードを出していればいるほど事故のリスクが高くなりますし、死角がある状態でスピードを出すのは非常に危険です。適切なスピードで走行していれば万が一の際にも対応し易くなりますので、見通しが良くないと思ったらスピードを緩めるように工夫した方が良いでしょう。ウェディング04

パッシングとハザードランプの正しい利用法について

パッシングは、ヘッドライトを瞬間的に上向きにすることで、合図などを行う際に利用します。場面によって違う意味を持っております。
まず、対向車とすれ違う際には、対向車に対して、検問をやっていることを伝え、注意を促すことに使う場合があります。次に、ハイビームのまま知らずに走っている場合に、眩しいということを知らせるということにも利用されます。
交差点では、曲がろうとする対向車に対して、道を譲る際に利用しますが、逆に自分に対して譲るよう促すために利用する場合もあります。横断歩道では、対向車に対して横断者がいると注意する意味でも利用されます。
後続車からパッシングされた場合には、邪魔だという意思表示のために使われる場合もあります。
ハザードランプは、道路交通法では、自分の車が交通の障害物となっていることを表示するために使用するものとされ、駐停車をする際に周りの車にそれを知らせるために利用します。
また、高速道路などで渋滞最後尾にいたときに、後続車が追突しないようにスピードを落とすことを知らせ注意を促すためにしようします。事故や牽引されている場合に大幅に制限速度を下回る速度で走ることを促すためにも利用します。
道を譲ってくれた後続車に対して感謝の気持ちとして使用する場合もあります。
運転をする上で、法律的には定められているわけではないものも含まれておりますが、知っておくと便利です。

要注意!危険な右直事故

事故のパターンの一つとして所謂右直事故がありますが、これは右折をするドライバーと直進するドライバーがぶつかってしまう事故のことです。
そしてよくあるのが右折をする車と対向車の陰から直進して出てくるバイクの事故です。
時には対向車が渋滞などで停車している状況になることがありますが、対向車が止まっているということもあって右折をする方も車が来ないと思って右折を開始します。ところが対向車の先頭車両がトラックなどの大きな車の場合ですと、陰から出てくるバイクに気が付かず、それによって衝突をしてしまうようなことがあるのです。特に夜間の場合は視界が悪くなってしまいますので発見が遅れますし、より右直事故のリスクが高くなってしまいます。
似たようなケースで右折をする車に対して対向車が譲ってくれた時にも発生することがあります。お店の駐車場に右折で入る場合、対向車が入れてくれることがありますが、その際にすり抜けてくるバイクに気が付かずにぶつかるようなことがあるのです。譲ってもらった場合、心理的にも車が来ないと思い込んでしまいがちですが、必ずしも安全が確保されている中で譲ってくれた訳でもありませんので、もし対向車が入れてくれた場合でも自分の目で安全を確認することが大事です。ウェディング03

見ようとしないと見えない危険を予測しましょう

車は便利なものだけに、気軽に乗って出かけるようになります。
買いものに行くのにしても、遊びに行くのにしても、近い距離でも、車を運転して出かけるような人もいます。
もちろん車は便利に使うようにすればいいのですが、危険を回避できるようにして安全を心がけなくてはなりません。
特に注意しておきたいのが、見通しの悪い交差点です。
見通しの悪い交差点を通過する時には、ミラーだけを頼っていてはいけません。
必ず目視をして、安全を確認してから走行するようにしましょう。
いつ見えない場所から飛び出しがあるかわかりません。
自転車や歩行者というのは、急に飛び出しをしてくる場合もありますので、ブレーキを踏んでも間に合わずに接触をしてしまう可能性があるのです。
万が一接触をしてしまえば大変です。
見通しの悪い交差点は、いつ誰が飛び出してきてもおかしくないという認識をして、走行を心がけるようにしておきましょう。
事前にそういった風に構えておくことによって、安全を確保できるようになります。
一旦停止の標識がない場所だとしても、見通しの悪い交差点なのであれば、一旦停止もしくは最徐行を心がけるようにして、危険を回避するようにしておかなくてはなりません。

スペースクッションドライビングを心がけましょう

スペースクッションドライビングとは、十分に前の車とのスペースを空けて運転することです。前を走る自動車との距離を開けることで、車線変更ひとつとっても安全に行うことができます。
スペースクッションを保つことで、事故を未然に防ぐことができます。右折や左折の際にも、前の車に付いて、スペースを空けずに曲がると、道の脇から二輪車が飛び出したり、歩行者が飛び出したりしてくる可能性もあるため、とても危険です。スペースクッションドライビングをすることで、危険に対して注意する余裕を持つことができます。
高速道路などのスピードが出る道路の場合も、前の車とのスペースを保たないと、前方で渋滞があったときなどに対処することができなくなってしまいます。前の車が突然スピードを落とすなど予期できない行動をとることもあります。その際にはスペースクッションドライビングをしていれば、急な場面に遭遇したとしても対処することができます。
高速道路の出口付近は、急なカーブもあり、スペースを保つことが必要となります。一般道路でも、前の車がなんらかの原因で急ブレーキをかける可能性もあります。そんな時スペースクッションドライビングを心がけることで、不要な事故を起こさずにすみます。ウェディング02

死角と運転とは

ドライバーの視点から全ての状況を確認できる訳ではありません。車には必ず死角が発生しており、そして見えない部分があることによって事故になってしまうことがあるのです。
死角になり得る要素はいくつもありますが、まず挙げられるのがピラーです。ピラーは屋根を支える柱ですが、例えばフロントガラスと運転席の間にもピラーがあります。そしてそのピラーこそが死角になってしまうことがあるのです。特に歩行者はピラーに隠れ易い為、交差点を右折する時などにも歩いている歩行者がピラーに隠れてしまって発見が遅れるようなこともあります。ですからピラーで見えない部分を確認すべく頭を動かして確認するように注意しなければいけません。
その他にも自分の車の斜め後ろも死角になります。車線変更をする際にはルームミラーやサイドミラーをチェックしますが、斜め後ろにいる車はミラーにはうつり込まないのです。斜め後ろは角度的にも丁度ミラーにうつらないようになっていますので目視をしないと確認することはできません。しかしながら目視を怠ってしまうドライバーも少なくない為、結果的に斜め後ろにいる車に気が付かずにぶつかってしまうようなこともあります。
安全に車に乗る為にはこうした死角があることを理解しておかないと事故にも繋がりますので十分に注意してみましょう。

死角の内的要因と外的要因について

ドライバーをヒヤリとさせてしまうのが死角ですが、死角は内的要因と外的要因に分けることができます。
内的要因としては車の構造上見えない部分になっているところです。例えばドライバーの視点からは車の陰になっているところは死角になっていて見えません。その為、フロントやリア部分に子供が隠れていても分からず、そして子供に気付かずに発進して事故になるようなケースも実際に起きています。
外的要因としては、一例として見通しの悪いカーブが挙げられます。横が壁になっているようなカーブの場合は、壁によって視界が遮られてしまい、時には自分が走行している車線を走る前の車や対向車線から来る車を確認し難くなります。その為、前方に停車している車がいて衝突してしまったり、対向車線からはみ出して走ってくる車に気が付かずに正面衝突をするようなケースもあるのです。
死角があることにって様々な事故が起こり得るのですが、しかし単に死角だけが事故の原因になっている訳ではありません。そこにはドライバーの油断もあり、「大丈夫だろう」という気の緩みを持っていることによって安全確認を怠ったり、スピードを出し過ぎ、結果的に事故になるようなこともあるのです。ですから見えない部分に対しては常に危険があることを理解し、安全な運転を心掛ける必要があります。ウェディング01