リサイクル法関連費用の内訳と設定されている理由とは?

リサイクル法関連費用には、まずは直接的に廃棄物の処分のためにかかる費用と、その他の費用とに分けられます。その他の部分については、リサイクル券の発行や、その後の処理状況の追跡などのシステムを運用するための事務的な費用であると考えればよいでしょう。処分の費用については、基本的にはシュレッダーダスト、カーエアコンを、エアバッグをそれぞれ処分するための費用がその内訳として挙げられます。シュレッダーダストについては、自動車のパーツの大部分を占める鉄くずなどと違って、リサイクルのしようがないもので、埋め立て処分をすることになりますが、費用節約のために業者が不法投棄をするのを防止するため、リサイクル法関連費用に組み入れて、オーナーに負担させているのです。また、カーエアコンについては、冷媒としてフロンガスが含まれているため、そのまま大気中に拡散してしまうと、地球温暖化の原因になってしまいます。このことを防ぐため、大気中に漏れないように抜き取りをして、適正に処分するのです。さらに、エアバッグについては、扱い方をまちがえると暴発するため危険であり、特別な処理がもとられますので、そのために徴収される費用ということになります。

ナンバー変更手続き代行費用の相場

中古車を購入するときには、それまでついていたナンバーを使うことは出来ません。
新しいナンバーを取得するためには、陸運局へ持っていく事が必要です。
ただ、陸運局は役所なので、土日祝日は休みですから、平日働いている人が休日に手続きをするためには、有給を取る必要が出てきます。
そこで業者にナンバー変更手続き代行を依頼する事が多いのですが、ナンバー変更手続き代行費用はいくらくらいかかるのか、という問題が出てきます。
あまり高いと、やはり休みをとったほうがメリットが出てきます。
ナンバー変更手続き代行費用の目安としては、1万円から2万円程度を想定すれば、おおよそ間違いありません。
参考までに、もしも自分でナンバー変更手続きを行った場合ですが、ペイント式ナンバーで2枚4千円ほど、字光式ナンバーで2枚6千円ほどになります。
ナンバープレート代を差し引いた金額が、代行をするための人件費と考えて、陸運局まで行って手続きをしてもらうことを考えれば、それが高いと見るか安いと見るかは、個人の判断によります。
ただ、ナンバー変更手続き代行を依頼するときには、それだけを頼むというよりも、それ以外の各種手続きもまとめて依頼する事が多いですから、ナンバー変更だけ自力でやるようなことをするよりも、一括で丸投げをしてしまったほうが楽とは言えます。

下取り車手続き代行費用と名義変更の方法

下取り車手続き代行費用とは、下取りをして貰った場合に販売店に名義変更を行なうために必要となる費用です。見積もりの段階で明示されていることも多く、例えば車の所有者が誰なのかによって、支払いが発生するか否かが決まってきます。

例えば所有者がディーラーやクレジット会社の所有で、使用者が本人と言うケースもありますが、そういったケースでは下取り車手続き代行費用がかかります。ただ所有者が本人であれば、そういった費用が一切かからずに済むこととなります。

ローンで購入する場合には、所有者が販売者やディラー、ローン会社になっているのが一般的ですが、仮にローンの支払いが完了しても所有権は付されたままになることも多いです。また名義変更には実印と印鑑証明書も必要となるので、所有者がディラーとなっているケースもあるため注意が必要となります。

交渉を行なう営業マンにとっては、所有権が付いている場合であっても、そういった費用を無料でサービスしてくれるケースがあります。また下取り車手続き代行費用の相場は、大体5,000円~15,000円ほどとなりますが、販売店が自由に設定できる費用となります。

なお名義変更は、自分で行なうことも可能で必要書類を揃えて申請書を作成し、必要経費を準備して住所地を管轄する陸運局に出向いて、そこで手続きを行ないます。

 

納車費用をカットするポイント

マイカーを購入する際には誰でも提示された金額から値引き交渉をすると思いますが、本体価格のみに注目してしまう傾向があります。重量税等を含む諸費用という部分でもけっこうな金額になるものですが、実はこの中には場合によって支払いをしなくても良いものもあるのです。代表的なのが納車費用です。通常はディーラーの営業担当が自宅まで届けてくれるケースが多いでしょう。実はこれに平均で一万円以上の費用が発生しているのです。確かに担当者が届ける場合はお客さんの日程と時間に合わせなければいけませんし、届ける際には、もう一台を運転して二人で来なくてはなりません。人件費もかかりますから無理な要求とまでは言えないでしょう。しかし自動車販売協会連合会(自販連)でも、「納車費用は購入者がディーラーまで取りに来れば請求できない」と明言しているのです。つまり自分でディーラーに取りに行けばこの費用は支払う必要がないのです。しかし何も言わず突然取りに行って、費用の値引きを要求するのは、その後のアフターメンテナンス等を考えると望ましくないでしょう。見積もりの段階で自分で取りに行く旨を述べて見積書から引いて貰うよう交渉すると良いでしょう。

車庫証明費用の費用・手数料とは

車を購入すると、本体価格以外にも諸費用として様々な費用を請求されますが、このうち代行費用にあたるものについては、購入に向けた話し合いの中で販売店に意向をつたえておくことで、代金として計上させないようにすることができます。ただし、代金として計上しないようにした場合は、その手続きを自分自身で行わなければなりません。
諸費用から削減できる費用の例としてよく挙げられるのは、車庫証明費用です。この手続きでは、保管場所が管轄区域になっている警察署から保管場所証明申請書をはじめとする申請書類一式を手に入れて必要事項を記入し、証紙購入窓口で購入した手数料分の収入証紙を貼り付けた後、警察署の窓口に必要書類を提出すれば、後日保管場所証明書と保管場所標章の交付が受けられますが、一連の手続きを販売店側に代行させると10,000~20,000円程度の代行料金を支払わなければなりません。しかし、自分で手続きを行うようにすると、保管場所証明書と保管場所標章の交付手数料を支出するだけで済ませることができます。交付手数料は都道府県ごとに異なっており、保管場所証明書については2,000~2,200円程度、保管場所標章については500~600円程度が相場となっています。

販売店に支払わなくても良いわかりづらい経費

車検のときに諸費用として依頼先である販売店などから、費用請求をされる場合があります。このとき、支払う必要がないものが含まれていたりするケースが見受けられるものです。たとえば検査に必要な納税証明の発行手数料と称して三千円程度請求をしてきたりするケースがありますが、そもそも窓口に行けば無料で発行してもらえるものですから、ただのとられ損になってしまうものです。
さらに、検査時において行政書士に依頼をすると称して、行政書士への依頼費用を請求するところがあります。本当に依頼しているのかどうかも不明で、その依頼に関する証明書類などもない場合があり、その支払ったもの全てが業者の懐に入っているケースも少なくありません。
本来必要なものとして請求されている場合はともかく、そうでない場合には請求不要として処理を行っておくべきもののはずですが、業者も懐事情が厳しく、何かにつけて経費と称して請求をしようとします。請求された側は、そもそも当初の見積もりと大きく異なることはないかどうか、また見積もり時点でこの経費は何か分からない場合などは、事前によく説明を聞いておくべきものであり、答えてくれないケースであれば納得できなければ別の所に依頼するといった対処も必要でしょう。子供02

検査登録費用の内訳について知ろう

新型車を購入すると販売店から本体価格以外にも諸費用として様々な費用が請求されます。例えば、検査登録費用は、検査登録手続きを自分で行うことを販売店に要望しなければ、必ず諸費用の一つとして請求されますが、この費用の内訳はいったいどのようになっているのでしょうか。
検査登録費用の内訳は販売店ごとに異なりますが、おおむね法定費用とそれ以外の費用に分けることができます。法定費用に主に含まれるのは、運輸支局で検査を受ける際に支払う検査手数料、検査登録の申請書類の購入費用、検査登録手続きを行うために必要な保管場所証明書と保管場所標章の交付手数料、ナンバープレート代です。なお、検査登録時には重量税や取得税などといった税金を納める必要がありますが、税金については検査登録費用とは別に見積書や領収書に記載されています。
一方、法定費用以外の費用には、運輸支局までの運搬にかかる費用や人件費などが含まれており、運搬費用の中には高速道路料金や燃料代が含まれることがあります。検査登録費用の相場は15,000~35,000円程度ですが、この費用の大部分は法定費用以外の費用でしめられており、大半が販売店側の取り分となっています。子供01

納車整備費用の内訳について知ろう

中古車を購入する場合、値札が貼られている本体価格に納車整備費用が別途かかるケースが多いです。つまり本体価格が安いということで飛びついても、この費用が上乗せされる仕組みになっており、実際はそれほど安くないという場合もあり得ます。

納車整備費用とはユーザーに納める前に行なわれる販売店が行なう整備や点検のための費用のことです。具体的な内訳としては、消耗品の点検、オイル交換、クリーニング・ワックスがけなどの整備を行なうための費用となるのが一般的です。

このような整備費用の相場については、数千円~数万円の範囲内で済むこととなりますが、場合によっては法定検査切れで法定検査を通すための費用も含まれることがあります。その場合であると数十万円も高額になる場合も珍しくありません。

中古では大抵は、法定検査が切れている状態が多く、その期間が残っている場合は稀です。そのため納車整備費用一式として、法定検査の分も含むケースがあります。

ただ法定検査費については、年式から逆算して大体の費用の相場を推定できるからです。よって仮に法定検査の費用を含めて、高額な納車整備費用が請求された場合、その費用の内訳を聞いてみることはユーザーとしても重要かもしれません。

 

 

家族04

販売店に支払う必要があるわかりづらい経費

マイカーを販売店から購入する際には、支払う必要のある様々な経費というものが発生しています。マイカー本体の価格だけで済ませることができない内容になることから、事前に把握をした上で、購入するマイカーを見つけ出すことも良い方法です。自動車税や重量税などは国に支払う税金として必ず必要です。他にも取得税というものが発生しており、マイカー本体価格によって消費税も必要です。自賠責保険という強制保険に加入することも必要になり、保険料も経費として挙げることができます。諸費用の中には値引き可能なものも含まれていますが、一般的には販売店によって登録費用やリサイクル料金などを支払うことも必要です。手続きの段階では手数料などを別途徴収しているものがありますが、この内容については販売店側で無料で実施している場合も見られるので、事前に話し合いを行うことが推奨されています。マイカーを自宅などに停めるために必要な届け出の費用などもありますが、この内容でも交渉によって実質上の値引きを行うことも不可能ではなく、購入者自らが手続きを済ませる方法で余計な手数料を省くことができる場合もあります。しかし、多くのケースで必ず支払いが求められる内容が多いので、マイカーの購入時には全てをチェックすることもおすすめです。家族02

車購入時の明細に含まれる諸費用って?

車を購入した時に代金の明細に諸費用という文字がありますが、これは一体何を指しているのでしょうか。
それぞれの店によって少し違った部分があるのですが、オプションや税金などが諸費用に含まれています。
車のちょっとした小物などのオプションや法廷整備のためのものや取得税などがそうであります。
細かく挙げると取得税、重量税、自賠責保険、手続き代行費用、預かり法定費用、ナンバープレート料金、リサイクル料金、消費税などです。

この中でも注目したいのが法廷整備のための諸費用になります。
さまざまな税金の支払いもありますが、法廷整備のためのものというのは登録票や車庫証明費用などの細かい色んな手続きを代行してもらうための費用であり、納車整備費用もあります。

これらの諸費用は業者によって大きく違う部分がありまして、一部の悪徳な業者は本体価格以上を請求することもありますので業者選びも重要となってきます。
また整備費用という名目なのに全く整備をしないということもありますから請求された金額がとんでもなく大きい場合は業者に何で使用したのかを聞いた方が良いかもしれません。
基本的には本体価格の10%から20%になりますので、しっかりと確認しておきましょう。

家族01