知っておいて損はない!盗聴探知機の使い方

様々な事件が毎日報道され、盗聴・盗撮も珍しくないものとなりました。自分は大丈夫だから、ではなく防犯意識を高めておく必要があります。防犯グッズにはいろいろありますが、盗聴探知機なんかも一般の方でも購入することが出来るようになっています。プロの発見業者もありますが、手軽に手に入るものも数多くあるので、使い方を知っておいても損はないです。操作方法が簡単なものは、キーホルダー型のようなコンパクトサイズのもので、探し方のコツを覚えてスイッチを入れるだけで良いです。ただ周波数を選択出来ないものが多いので、周波数帯域が広すぎないものを選ばないと盗聴器以外の電波にも反応してしまい、探すことが難しくなるようです。アンテナがついているものなら、アンテナを伸ばして反応を調べながら、少しずつアンテナを縮めて細かいところまで探してみましょう。基本的には、スイッチを入れて部屋の壁や物に盗聴探知機をまんべんなく近づけて探します。見た目からは盗聴器とわからないようなものはたくさんあり、コンセントや計算機、ペンや電源コードなどあらゆる物に偽装されているので、もし盗聴されてると心配があるなら、盗聴探知機で調べてみることをオススメします。

思わぬ災難を防ぐためには

車に乗っていると、いろいろトラブルに見舞われることがあります。ガス欠やバッテリー上がり、パンクなどは人の力でどうにか出来る問題なのですが、外部との関わりで起こるトラブルではどうしようもないような状態になることもあります。
中でも、車の内部を荒らされるという車上荒らしは、本当に困るものです。車のガラスを割られたり、ドアの鍵をこじ開けたりして、金品を盗られたりするような事件が多発しています。
手口はさまざまであり、置き場やその位置関係なども盗難に遭いやすい場合もあるので、注意が必要です。例えば、選挙期間中でその掲示板があり、その陰で行われたり、雨の日に傘の陰で行われたり、パチンコ屋の駐車場などいろいろな人が出入りするような場所で行われたり、本当にいろいろな可能性があります。
狙われやすいのが、高級な車や中にバッグや財布が見える状態になっている車などは注意です。こういった災難を防ぐには、狙われないように金目のものを見える場所置かないようにするということや、盗難防止装置を付けておくということです。ほかの人が触ったら作動するようになっていれば、幾分安心です。
このように、いつどのようなことがあるのかもわからないような世の中なので、十分用心をしましょう。

盗難は自分で防ぐ

椅子03自動車を所有していて怖いのが盗難です。盗難対策としていくつかの対策をとっている方が多いようです。1つ目は車庫保管することです。2つ目に信用できる立体駐車場に管理を依頼すること、3つ目にセキュリティーシステムを付けておくことです。車庫や立体駐車場については定期コストが掛かりますので利用できる方はかがられてきますが、セキュリティーシステムは比較的安く利用できる場合が多いようです。また、GPSや携帯電話などを使って万が一の場合も捜索を依頼できる安心感もあります。高級車やプレミアムカーの場合は自己防衛をすることがとても重要になります。自動車を運転するする際に気になるのが速度超過です。自動車の速度取り締まりや高速道路などの無人速度取締機などは気づかないこともすくなくなく、ついつい速度がオーバーして取り締まりにあったという方も少なくないようです。自動車の速度オーバーは事故にも繋がりやすいので注意が必要ですが、万が一速度オーバーで取り締まりにあった場合に違反金をカバーできる保険が登場していますが、違反金よりも事故を起こす、巻き込まれやすくなることもありますので運転の際は安全運転がとても重要になります。

レーダー探知機と盗聴探知機の役割とは

レーダー探知機と盗聴探知機は似ているようで利用するシーンが全く違います。レーダーの場合は自動車に設置してレーダーや無線式のスピード違反取り締まりを見つけるための機械で盗聴探知機は盗聴電波を探すための機械です。レーダーについては自動車の速度違反の取り締まりで用いられることが多い、速度調査用の電波を受信してドライバーに知らせる役目を持っていますが、取り締まり用の電波は年々出力が少なくなる傾向があるので探知機も受信性能を上げるようにどりょくされています。また、無線以外にレーザーを利用した取り締まりも行われていますが、こちらには対応できないので探知機を過信するのは間違いです。盗聴の探知機は盗聴の際に外部で受診するための発信機が発信する電波を受信します。発信機は市販されているものが多く、電波も出力を落としていないことも多いので受信する際に問題はないようです。探知機で電波の発生源を見つけ、盗聴器を取り出すことになりますが、盗聴器は年々巧妙化しているので、まさかこんなものに発信機が取り付けられているとはと驚くような物、小さい物になっているようです。しかし、受信を安全な離れた場所で行う必要もあるため取り締まりのように電波の出力を抑えることはないようです

 

自動車から離れるときは必ずロック!これ基本!

自動車は一種の財産です。非常に高価な値段が付けられており、家と同様に持ち主の財産として扱う事が出来ます。つまり、車を盗まれる様な事があれば、これはお金を盗まれるのと同じ事になります。盗まれてもローンの支払は続く事になるので、所有者としては持っていない財産のローンを支払わなければならなくなるので、様々な事に精神的に影響を及ぼしてしまうことになります。その様な事にならない様にする為にも、車は絶対に盗まれない様にしなければなりません。車から離れる時には必ずロックをします。これは誰もが行っている事です。しかし、3分程度であればどうでしょうか。すぐに車に戻るのであるからロックはしなくても大丈夫と考えて、そのまま車から離れてしまう事があります。3分あれば車は盗むことが出来ます。キーを挿しっぱなしにしていなくても、車の盗難のプロであれば簡単にエンジンをかけてしまいます。また、車は盗まれなかったとしても車の中に置いてある貴重品を盗まれる事があります。3分程度であれば大丈夫と思ってロックをしない様な人は、わざわざ貴重品だけ持っていくという事はありません。つまり、誰もがその貴重品を盗むことが出来るようになるという事です。

盗難への対策とは

椅子02自動車の盗難対策として最も重要なのは、車の施錠をしっかりとするという物です。
意外と思われるかもしれませんが、自動車の窃盗で多い事例が施錠忘れや窓を開けたままにしておいたらそこから道具等を使ってこじ開けられたという物です。ですので短時間離れるのみと言っても施錠をしっかりと行う事と、離れる際は窓が閉まっているかの確認と施錠を忘れないようにしましょう。また同様のミスとして、車の近くや車庫などに合い鍵を隠しておいたらそれを使われた、という事例も存在しますので、合い鍵などはしっかりと家の中など防犯が出来ている所に設置することも大事です。
しかしそれらに気を付けていても、専門的な道具を使えば簡単に盗まれてしまう事がありその対策として様々な道具が販売されていますが、どれもその気になれば抜ける事ができるものが多いというのが現状です。
こういった道具やアイテムの一番の目的は、少しでも窃盗にかかる時間を延ばすことで盗む側が躊躇するように思わせるという事が一番の目的となっていますので、その効果を発揮するためにはしっかりと防犯がなっている場所に車を駐車するということが大事です。
また、手間に対して利益が薄ければ狙われませんので車内に貴金属等貴重品は置かないようにしましょう。

身の回り品補償特約ってなに?

椅子01身の回り品補償特約を設けている自動車用任意保険が増えています。身の回り品について補償する保険ですが、対称となるのは補償が設定されている車両に限られます。事故以外に盗難や移動時の故障も範囲に入れている任意保険も少なくないようです。身の回り品については、自動車に備え付けていない物品すべてになります。例えばナビやカーステレオは対象になりませんが、カメラやパソコンなど持ち歩いている物が対象となります。自動車事故の場合車内もひどいことになる場合が多く、パソコンやカメラが壊れる場合も少なくありません。特にパソコンについては自動車の修理費用よりも高い場合も少なくないため、身の回り品の保障特約を利用する方が増えています。また、事故以外にも盗難などの車両荒らしの被害も増えているので特約は必須と考える方も少なくないようです。保険の掛け金は上がりますが、年間数千円の掛け金で20万から30万円までを補償するオプションで設定されていることが多いようです。また、身の回り品の補償特約は利用しても次年度の任意保険の等級が下がることは無い事も利用する側にとってメリットがあります。保険はさまざまな特約が用意されているので自分のライフスタイルに合わせて設定することが重要です

車両保険の役割について

車両保険の役割は、自身の自動車に対する補償です。
自動車保険の一部なので、車同士の衝突、自損事故、当て逃げなどの自動車事故による破損でしか補償されないと思っている方もいますが、実は様々な被害による破損を補償できるのです。例えば、盗難・落書き、火災・水害等の自然災害などによる被害を受けた場合でも補償を受けることができます。
よって、自動車に欠ける生命保険とでも思っておけば間違いないでしょう。
ただし契約すれば、これら全ての補償が自動的についてくるわけではありません。補償範囲が主に4段階に分けられているので、その中からカーライフに合わせて最適な補償範囲で契約する必要があります。
ただ、中古車で安く購入した自動車で乗り捨てることを前提にしているのなら、修理してまで乗り続けることがないので契約自体しなくてもいいとされています。対してローンが残っている新車なら、買い替えるよりは修理して乗りつづけたいので契約しておいた方が安心でしょう。そのため、契約者によって必要性は変わってきます。
また、補償内容を充実させて契約するほど保険料も割高になってきますので、その辺も踏まえた上で契約を検討するようにしてください。

盗難と保険について

車の盗難と保険についてですが、朝起きたら車が盗まれていた、これはうそのようでよくある話です。日本でさえこのようなことは日常茶飯事で起きているのです。そんなとき、加入していればカバーできることもありますが、加入していなければ自費ですべてまかなわなければいけませんので、そうなるととても大変です。加入している内容を確認してもらうといいのですが、例えば車両を対象にしているものに入っているかどうかをチェックしてみる必要があります。車両にかけている場合は、自分で事故を起こしてしまった場合でもお金を出してもらえますし、今回のような盗難にあった場合でも対象となるのです。

しかし毎月支払っている料金を抑えるために対物、対人のみをかけていて車両にはかけていないという人もいるのですが、そうなると、保証の対象にはなりませんので、万が一盗難にあってしまった場合には自分で支払わなければいけなくなりますので大変かもしれません。

人事のように思っている人も多いですが、人気の車種、狙われやすい車種というのがあり、これらの車種は東南アジアなどへ輸出されて売られてしまう可能性があり、ほとんどがプロの窃盗団の仕業といいますから警察に届けを出しても返ってこないことのほうが多いのです。