1枚のカードを複数の車(車載器)で利用可能

高速道路の料金所で非常に便利なETCですが、車載器とカードの組み合わせは特定されない、という事を知らないという人は意外と少ないと思います。実は、1枚で複数の車の車載器で使用することができるのです。
その理由は、ETCcardを持っていればどれでも使える構造になっていないと、いちいちETCcardを作る際に車載器の番号や車の番号を登録しなければならない上、車を買い替えたときなどに再度手続きが必要だったりと非常に煩雑になるからです。
元々ETCは、高速道路の渋滞を緩和するために料金所で停止してお金を支払ったり、おつりをもらったりといった手間と時間を省くために導入されました。その為、出来るだけ簡便に使えるように擦る必要があり、どの機械でもETCcardが認識できるようにする方が管理の手間も省け使ってもらえるようになるという発想があります。
その為、複数の車で同じETCcardを使用することも出来るようになりますし、友人に乗せていく場合などでは、友人の車に自分のETCcardを差しておくことで請求が自分に来るといった事も出来ます。
最近ではレンタカーでもETCを搭載している物も増えています。このような仕組みを上手に利用して、快適に利用したいものです。

コメント

コメントを受け付けておりません。